自由な旅行をサポートするHISイタリアが現地から楽しくて役立つ最新情報を提供 www.his-italy.com


by his-italy
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

イタリアの海シリーズ その2 チンクエテッレ編後半

モンテロッソから左手に山・崖、右手に海のハードな道のりを歩いていくと、眼下に輝くきれいな青い海に時折飛び込んでしまいたくなります。
汗まみれの体で「今あの海原に飛び込んだら気持ちいいだろうなぁ」という誘惑を振り切って歩いていくと、ふっと視界が開けて小さな街が眼下に広がります。この小さな港町がチンクエテッレの南から4番目の街・ヴェルナッツァ。
f0058160_1984543.jpg大自然の厳しさを味わった体には天の救いのように見えるカラフルでかわいらしい街。
しかし、この街が見えてからは急激な下り坂が待っていて、がくがくと笑う膝を駆使して下山。

小さな港町はビーチリゾートを楽しむ人や観光客で大賑わい。せまぁい港の一部で海水浴をする人もいれば、張り出した突堤に思い思いにタオルを広げて日光浴だけをする人も。ただ昼寝しているおじさんもやまほどいます。

モンテロッソからのトレッキングで疲れ果てた人はここから船や列車で他の街へ移動できます。もちろん足と体力に自信のある人はヴェルナッツァから更なる難関ルートを歩いてコルニーリアまで行くこともできます。ただしこのヴェルナッツァ-コルニーリア間は他のルートと違ってほとんどを海岸線から離れて山の中を歩きます。海の眺めではなく、壮大な山の自然を楽しめます。

列車で移動すると各村間は片道1,10ユーロ。小さな駅構内のチケット売り場で購入して乗り込む前にチケットは黄色い刻印機でガチャリと刻印しましょう。
海岸線を走る列車はトンネル部分も多いけれど、時折見える海原がとても幻想的。列車なら各村間はわずか数分で移動できます。

コルニーリアの駅も海岸線沿いにあります。駅を出て山の斜面に向かって右手に進むと玉砂利のビーチ、左手に進むとコルニーリアの市街地。この市街地は丘の上にあるので駅からはブドウ畑の間のなだらかな車道をゆっくり歩いていくか、心臓破りの九十九折階段を上るか。距離的には怪談のほうがかなり短いのですが。もう歩きたくない人のためには市街地まで駅前から緑色のポンコツバスが走っているので、それを利用するのもOK。

f0058160_1931751.jpgコルニーリアの街中は狭い路地が入り組んでいて人がかろうじてすれ違えるメイン通りの両側にはお土産やさんや小さな部屋貸しがぎっしり。
リキュールの入った瓶がさりげなくイタリアの形。カラフルでかわいらしい。


f0058160_19323820.jpgメイン通りのお土産やさんを冷やかしながら進んでいくと、通りの突き当たりに展望台。海風をうけて何も考えずに海を眺めるのもお薦めです。


魅力いっぱいのチンクエテッレ。今回は北側の3つの街のみの紹介でしたが、また是非機会を見つけて残りの二つも紹介します。

フィレンツェからは日帰りで行けるビーチリゾート。もちろんひとつの村にゆっくり滞在してきれいな海を楽しんだり、おいしい魚介類をたらふく食べたりする楽しみ方もあります。
トレッキングも含め、これからの季節、海で泳ぐのは無理かもという初秋や冬でも十分楽しめるチンクエテッレ、お薦めです。
[PR]
by his-italy | 2006-08-24 19:48 | イタリアのお得情報