自由な旅行をサポートするHISイタリアが現地から楽しくて役立つ最新情報を提供 www.his-italy.com


by his-italy
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ:イタリアのお得情報( 10 )

ドゥオーモのテラス散歩

一年に一回だけ昇れる場所。

フィレンツェのドゥオーモのテラス。
できるだけ多くの人に昇ってもらおうということで入場制限もあまり厳しくなく、列もスムーズに流れていきます。

f0058160_3373338.jpgテラス部分まではクーポラへ上る階段と同じ道。150段の階段を上って最初の広い踊り場に出たところでテラスへ。狭い出口を抜けると青い空と赤レンガ。テラスには人がいっぱい。

高所恐怖症や閉所恐怖症の人も無料だというのでみんな昇ってきているのでテラスにたどり着いてから渋滞。怖くて先に進めない人が流れを妨げているようで。それでもみんなテラスの上でおおらかに眺めを堪能。

f0058160_338368.jpg左サイドから昇って正面ファサード、そして正面ファサード裏、再び正面ファサードを通って右サイドへ。いつもとは違う視点でドゥオーモ内部やジョットの鐘楼を眺めることができます。

[PR]
by his-italy | 2006-09-09 03:44 | イタリアのお得情報

ロウソクゆらゆら

9月8日は聖母マリア生誕を祝う日。

聖母マリア信仰の強いフィレンツェでは昔からこの日を祝うためにフィレンツェ郊外の農村からはるばるやってくる人がたくさんいました。彼らは聖母マリアのお祝いをして、自分たちの生産する商品を売るために9月7日の夜地元を出発してロウソクのあかりを灯して夜道をフィレンツェに向かったのです。

リフィコローナ・提灯
このロウソクが「リフィコローナ」のお祭りのシンボルともいえるもの。9月7日の夜は子供たちが思い思いに提灯を作って中に明かりを灯して街に繰り出します。イルミネーションの少ないフィレンツェの街に揺れるロウソク明かりは幻想的でとてもきれい!

子供たちが手作りしたものは最近では少なくなってきたけれど、街角の文房具屋さんなどでこの時期になると様々なタイプの提灯セットが売られます。これに火を灯して出かける子供もいれば、粘土と吹き矢をもってその明かりを消そうと一生懸命になる子供もいます。子供たちにとっては長い夏休みの最後の楽しみ。


リフィコローナ・フィルハーモニー
提灯の行列のほかに音楽隊の行進やコンサートも企画されています。

20:50にサンタ・クローチェ広場からセストフィオレンティーノの音楽隊、21:15に洗礼堂前広場からインプルネータのフィルハーモニー楽団がそれぞれ演奏行進を開始します。

いずれも向かうのはフィレンツェの聖母マリア信仰の拠点でもある「サンティッシマ・アンヌンツィアータ教会」。教会前広場は、街のあちこちから提灯を持った人が集まってきて、ゆらゆら揺れる光でいっぱいになります。広場では伝承されるフィレンツェ民謡のコンサートなどが行われ、朝までサンティッシマ・アンヌンツィアータ教会に入場できます。

リフィコローナ・唐辛子
9月8日・9日はサンティッシマ・アンヌンツィアータ広場には青空市が立ち、近郊の特産物や食材を売る屋台が並びます。こんな素朴な市場でお土産探しも楽しいですよ!


リフィコローナ・ぶどうジュース
ワインが飲めない人でも楽しめるのがこの季節に取れる「ぶどうジュース」。濃厚なブドウの香りが喉元いっぱいに広がって秋を満喫できます。青空市に出かける人は是非試してみて!
[PR]
by his-italy | 2006-09-07 03:40 | イタリアのお得情報

いよいよ開幕!セリエA

サッカー汚職ショック!で揺れに揺れたイタリア。
モラルの面での建て直しも含め、波乱含みのサッカーシーズンがいよいよ9月10日から(一部試合は9日)スタートします。

セリエAの日程こちら
H.I.S.イタリア
ではもちろん今年もサッカーチケット販売いたします!音譜


ミラノ&ローマでの全試合網羅


もちろんそのほかの都市での試合のチケットもご用意いたします。
お問い合わせは手紙メール
でお気軽に。


[PR]
by his-italy | 2006-09-01 02:59 | イタリアのお得情報
おいしいものがいっぱいのトスカーナ。「味覚の秋」もすぐそこ!!
ますます美味しいものが身近になる季節!

フィレンツェの街中にある「トスカーナ州庁舎」で
トスカーナのおいしいものをめいっぱい堪能できる機会!

9月10日日曜日にフィレンツェのスローフード協会後援で行われる試飲&試食会のお知らせ。誰でも無料で参加できるので、この時期フィレンツェに滞在している方は是非足を運んでみて下さい。

ドゥオーモからサン・マルコ広場方面に伸びる大通り・カヴール通り(Via Cavour)にあるパンチャティキ宮殿(Via Cavour 4)にはトスカーナ州庁舎の一部部署が居を構えています。メディチ・リッカルディ宮殿のはす向かいの宮殿です。通常は州行政のお役所仕事が行われているので一般公開されていませんが2006年9月10日16時からこの宮殿が一般公開になります。


f0058160_21471542.jpg

<<パンチャティキ宮殿(Via Cavour 4)>>
★宮殿中庭★
1.ブルスケッタ・コーナー
   トスカーナパンを軽く焼いてにんにくとオリーブオイルで風味をつけて、そこにトマト&バジリコやきのこ類、レバーペーストなどを乗せたカナッペ状のもの
2.ガヴィナーナのトリッパ・コーナー
   ウシの胃袋をトマトソースでことこと煮込んだトスカーナの特産料理
3.ビステッカ・コーナー(19:00より)
   フィレンツェ風Tボーンステーキも大盤振る舞い!!

★宮殿2階・バリレの間(Sala Barile)★
グルメ・食に関する本の展示・閲覧

★宮殿2階・ゴンファローネの間(Sala del Gonfalone)★
食とワインのレッスン(イタリア語)17:30より
トスカーナのワインの試飲とトスカーナ料理のレシピについてのレッスン
レッスン&講演会の最後に1500年代のトスカーナ一帯でよく食べられた典型的なデザート・ザバイオッティ(Zabaiotti)の無料配布

★宮殿3階・フレスコの間(Sala Affreschi)★
トスカーナの食材、ワインの試飲&試食

★アウディトリウム(Auditorium)★
映画「Benvenuti in casa Gori」上映 20:00より

<<パンチャティキ宮殿(Via Cavour 2)上記宮殿の隣>>
★宮殿中庭★
コンサート 20:30より
フィレンツェのカヴァーバンドによる演奏で60年代70年代にチューン

普段一般公開されない宮殿を見学できる上に、おいしいものが無料で楽しめるステキなチャンス。お見逃しなく!!
[PR]
by his-italy | 2006-08-29 21:48 | イタリアのお得情報
モンテロッソから左手に山・崖、右手に海のハードな道のりを歩いていくと、眼下に輝くきれいな青い海に時折飛び込んでしまいたくなります。
汗まみれの体で「今あの海原に飛び込んだら気持ちいいだろうなぁ」という誘惑を振り切って歩いていくと、ふっと視界が開けて小さな街が眼下に広がります。この小さな港町がチンクエテッレの南から4番目の街・ヴェルナッツァ。
f0058160_1984543.jpg大自然の厳しさを味わった体には天の救いのように見えるカラフルでかわいらしい街。
しかし、この街が見えてからは急激な下り坂が待っていて、がくがくと笑う膝を駆使して下山。

小さな港町はビーチリゾートを楽しむ人や観光客で大賑わい。せまぁい港の一部で海水浴をする人もいれば、張り出した突堤に思い思いにタオルを広げて日光浴だけをする人も。ただ昼寝しているおじさんもやまほどいます。

モンテロッソからのトレッキングで疲れ果てた人はここから船や列車で他の街へ移動できます。もちろん足と体力に自信のある人はヴェルナッツァから更なる難関ルートを歩いてコルニーリアまで行くこともできます。ただしこのヴェルナッツァ-コルニーリア間は他のルートと違ってほとんどを海岸線から離れて山の中を歩きます。海の眺めではなく、壮大な山の自然を楽しめます。

列車で移動すると各村間は片道1,10ユーロ。小さな駅構内のチケット売り場で購入して乗り込む前にチケットは黄色い刻印機でガチャリと刻印しましょう。
海岸線を走る列車はトンネル部分も多いけれど、時折見える海原がとても幻想的。列車なら各村間はわずか数分で移動できます。

コルニーリアの駅も海岸線沿いにあります。駅を出て山の斜面に向かって右手に進むと玉砂利のビーチ、左手に進むとコルニーリアの市街地。この市街地は丘の上にあるので駅からはブドウ畑の間のなだらかな車道をゆっくり歩いていくか、心臓破りの九十九折階段を上るか。距離的には怪談のほうがかなり短いのですが。もう歩きたくない人のためには市街地まで駅前から緑色のポンコツバスが走っているので、それを利用するのもOK。

f0058160_1931751.jpgコルニーリアの街中は狭い路地が入り組んでいて人がかろうじてすれ違えるメイン通りの両側にはお土産やさんや小さな部屋貸しがぎっしり。
リキュールの入った瓶がさりげなくイタリアの形。カラフルでかわいらしい。


f0058160_19323820.jpgメイン通りのお土産やさんを冷やかしながら進んでいくと、通りの突き当たりに展望台。海風をうけて何も考えずに海を眺めるのもお薦めです。


魅力いっぱいのチンクエテッレ。今回は北側の3つの街のみの紹介でしたが、また是非機会を見つけて残りの二つも紹介します。

フィレンツェからは日帰りで行けるビーチリゾート。もちろんひとつの村にゆっくり滞在してきれいな海を楽しんだり、おいしい魚介類をたらふく食べたりする楽しみ方もあります。
トレッキングも含め、これからの季節、海で泳ぐのは無理かもという初秋や冬でも十分楽しめるチンクエテッレ、お薦めです。
[PR]
by his-italy | 2006-08-24 19:48 | イタリアのお得情報
フィレンツェは周りをぐるりと緩やかな丘に囲まれた盆地。来年の夏にはパリのセーヌ川のように「アルノ川に砂浜」が登場するらしいですが、夏の盛りには蒸し風呂にいるような暑さ。砂浜がなくてもアルノ川の縁で日光浴する人もいるのです。

しかし、フィレンツェからちょっと足を伸ばせば、透き通る青い海原とホワイト・ビーチの天国が!

フィレンツェからローカル電車に揺られまずは西へピサまで、そして海岸線を北上。約2時間半から3時間の電車の旅。目的地はリグーリア州チンクエテッレ。世界遺産にも登録されている風光明媚な一帯。チンクエテッレは「5つの土地」を意味するイタリア語で、その名の通り5つの小さな村(モンテロッソ、ヴェルナッツァ、コルニーリア、マナローラ、リオマッジョーレ)で成り立っています。

海にせり出す断崖絶壁のような斜面に張り付くように小さなカラフルな家が並び、その合間を縫うように小さな土地を有効活用してオリーブ畑とブドウ畑。暮らしている人の苦労は底知れないですが、とにかく自然がいっぱいの天国です。

5つの村それぞれに特徴があるので、時間があれば全部の村に立ち寄ってもらいたい!!

f0058160_1857375.jpgチンクエテッレで一番大きな村は最北にあるモンテロッソ・アル・マーレ(MonteRosso al Mare)それでも人口わずか1000人。夏の間は海水浴客やリゾート・ライフをのんびり楽しむ人でごった返します。
海辺に点在する小さな白いビーチにはカラフルなパラソルがぎっしり。


ローカル列車の止まる駅を降りると目の前は通りを一本挟んですぐにビーチ。駅周辺に白砂の海岸が広がり、右手に行くと岩場。左手に突き進んでいくと小さな山を挟んでモンテロッソの市街地。レストランや小さな部屋貸しが軒を並べています。

f0058160_18575619.jpgこの市街地から海岸線沿いをさらに行くと「トレッキングコース」の入り口。
5つの村はローカル列車か船で行き来することができますが、健脚な方にはトレッキングコースを歩くのもお薦め。(3,00ユーロ)


モンテロッソ-ヴェルナッツァ間
ヴェルナッツァ-コルニーリア間
この二つは体力に自信のある方にお薦め。
歩きやすい靴とミネラルウォーターで臨んでください。
コルニーリア-マナローラ間
上記二つに比べるとかなり難易度は低いのですが、マナローラからトレッキングを始めると、コルニーリアの市街地が山の天辺にあるので心臓破りの九十九折の階段が待っています。
マナローラ-リオマッジョーレ間
初級者でも観光客でも楽勝。「愛の小路」と呼ばれるロマンティックなコースです。

チンクエテッレをトレッキングするならリオマッジョーレから始めることをお薦めします。

f0058160_18583570.jpgモンテロッソとヴェルナッツァのトレッキングコースからの眺め。
海ににょっきりと顔を出している岩の辺りがモンテロッソのビーチ。
モンテロッソの駅からも歩いて3分!


狭くてアップダウンのきついモンテロッソからのトレッキングコース。しかし眺めは最高。休みなく歩いて1時間15分のコース。途中小さな日陰に簡素なベンチを置いてある場所もありますが、「峠の茶屋」は望むべくもないので飲料・食料は持参しましょう。

ハードな行程を切り抜けた後は…。次回に続く>>>
[PR]
by his-italy | 2006-08-23 18:53 | イタリアのお得情報
Paul McCartney(ポール・マッカートニー)、Simon & Garfunkel(サイモン&ガーファンクル)、Elton John(エルトン・ジョン)などを過去のエディションで迎えてきた、ローマで行われる毎年恒例の夏の無料特大コンサート。
2006年バージョンの出演者は
Billy Joel(ビリー・ジョエル)Bryan Adams(ブライアン・アダムス)

f0058160_17201997.jpg出演者がビックなだけでなく会場もビック。なんといっても舞台セットがステキ!ステージバックに本物のコロッセオ!これは他のどこでも真似できない!

しかも無料コンサート。
7月31日にローマにいるなら是非出かけて下さい。

コンサートはビリー・ジョエルの演奏で開幕。約1時間半の演奏の後、ブライアン・アダムスが合流して数曲デュエット。締めくくりはブライアン・アダムス。往年のヒット曲から最新曲まで取り混ぜてローマの夏の夜を彩ります。


この無料コンサートの主催スポンサーはイタリア電話会社テレコム・イタリア。コンサートの様子は8月にはテレビ放映され、9月になったらテレコムイタリアのサイト上でも無料でこのコンサートの様子を見ることができるそうです。7月31日に見られない人も世界各地の家庭からアクセスできます!


*当日は会場が想像以上に混雑します。できるだけ身軽な格好でお出かけ下さい。失くし物などには十分ご注意を!
[PR]
by his-italy | 2006-07-14 17:34 | イタリアのお得情報
イタリアの各都市に次々と登場している
ポップでにぎやかな赤い二階建てバス。
このバスはCity SightSeeing(シティ・サイトシーイング)社が
提供するもので
各都市の見所を二階建てバスで巡り
いつもとは違う目線で市内観光を楽しんでいただけます。

フィレンツェではこのシティ・サイトシーイング社と市バス(ATAF)が
共同で新しいお得なチケットを発売!

Firenze PasseparTour(フィレンツェ・パスパルツアー)
このチケットで赤い二階建てバスにも
オレンジ色の市バスにも乗り放題。
24時間有効チケットで22,00ユーロ。

ご購入は
シティサイトシーイング社のチケット取り扱いのある
街角のタバッキやキオスク、ツーリスト・インフォメーション(APT)
赤い二階建てバスの車内にて。
[PR]
by his-italy | 2006-06-10 02:28 | イタリアのお得情報
イタリアは夏のバーゲン(SALDI)も盛大!
イタリアを代表する有名一流ブランドショップからカジュアルブランド、
街の個人商店まで春夏物が一気に安くなります。


まだ都市ごとに細かいスケジュールは決定していませんが
各州の暫定スケジュールが発表になりました。
この時期にバーゲン目当てで旅行を企画中の方は
是非参考にしてください。

CAMPANIA(カンパーナ州/ナポリなど)
2006年6月30日から2006年9月24日まで

FRIULI VENEZIA GIURIA
(フリウリ・ヴェネツィア・ジュリア州/ヴェネツィアなど)
2006年7月9日から2006年9月30日まで

LAZIO(ラツィオ州/ローマなど)
2006年7月9日から2006年8月19日まで

LOMBARDIA(ロンバルディア州/ミラノなど)
2006年7月1日から最大60日間

TOSCANA(トスカーナ州/フィレンツェなど)
2006年7月15日から2006年9月10日まで

SICILIA(シチリア州/パレルモなど)
2006年7月8日から2006年9月10日まで


今後も各都市のバーゲン実施詳細が決定次第更新予定。
[PR]
by his-italy | 2006-06-06 22:34 | イタリアのお得情報

ローマ・パス

4月21日に誕生したばかりの「ローマ・パス」。

セットになっているのは
「ローマ・パス・カード」
「ローマ・トランスポート・パス」
「ローマ市街地図」の三点。

++ローマ・パス・カード++
ローマ市内の全ての
国公立モニュメント・美術館・博物館・遺跡への入場割引。
近い将来には
ローマ市内で行われる主要展覧会の入場チケット割引サービスや
提携レストランやツーリストサービスなどの割引も追加予定。
**最初の二つの美術館・モニュメントなどは入場料無料、
その後に訪れる他施設は割引き適用となります。
カードは最初の施設利用後から3日間有効で18,00ユーロ。

++ローマ・トランスポート・パス++
ローマ市内をカバーするATAC運行の
バス・トラム・地下鉄をご利用いただけます。
カードは3日間有効


このローマ・パス・セットのご購入は
街のあちこちにあるツーリスト・インフォメーション・コーナーや
主要美術館などで。
[PR]
by his-italy | 2006-05-13 00:35 | イタリアのお得情報