自由な旅行をサポートするHISイタリアが現地から楽しくて役立つ最新情報を提供 www.his-italy.com


by his-italy
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
8月15日は「聖母被昇天の日」でイタリアは祝日祝日です。ベル夏の真っ只中ということもあって巷にはこの日に休業するお店が多くなりますので、ショック!この日をはさんでイタリアを旅行する方はご注意下さい。

8月15日の美術館の開館状況は下記の通り


クローバーローマ
コロッセオ 通常通り開館
カピトリーニ美術館 通常通り開館
ボルゲーゼ美術館 通常通り開館(完全予約制)
ヴァチカン博物館 8月15日・16日休館

クローバーフィレンツェ
ウフィツィ美術館 通常通り開館
パラティーナ美術館 通常通り開館
アカデミア美術館 通常通り開館
バルジェッロ博物館 通常通り開館
メディチ家礼拝堂 通常通り開館
ドゥオーモ 13:30-16:45のみ開館

クローバーミラノ
最後の晩餐 通常通り開館(完全予約制)
アンブロジアーナ美術館 通常通り開館
ブレラ美術館 通常通り開館

クローバーヴェネツィア
ドゥカーレ宮殿 通常通り開館
アカデミア美術館 通常通り開館



国公立の美術館はほとんど通常通りの開館になります。宗教祝日に当たるため、教会では特別ミサが行われる関係で入場が制限されたり、入場時間が変更になることがありますのでご注意下さい。

[PR]
# by his-italy | 2006-08-05 01:48 | 美術館の開館情報

秘密の通路

普段は一般に公開されていないヒミツ秘密の場所がイタリアにはゴロゴロパンダあります。
そんなヒミツ秘密の場所には列に並んでも行ってみたいしっぽフリフリ!!

ローマのサンタンジェロ城にもそんな「ヒミツ秘密」の場所があります。123年ごろにローマ皇帝ハドリアヌス帝の墓稜として建立されたのがサンタンジェロ城。墓稜から要塞、牢獄ガーン、ルネッサンス期の居城キラキラなど様々に姿を変えて利用された、ヴァチカンの目と鼻の先にある石造りの建物。普段は博物館として城の一部だけが一般公開されていますが、通常非公開の部分で一年に数日しか入ることができないその秘密の場所とは?
ダ・ヴィンチ・コードのヒットで影が薄れてしまったダン・ブラウンの前作「天使と悪魔」でも舞台となったサンタンジェロ城。その小説の中にもちょっと登場する、「ヴァチカン宮殿」と「サンタンジェロ城」をつなぐ「ヒミツ秘密の地下道モグラ」!
ヒミツ秘密の通路」の全工程が公開されているわけではなくて、アクセスできるのは入り口の一部分。それでもなんかこう音譜ワクワクラブラブドキドキ。

f0058160_2014774.jpgパセット・ディ・ボルゴ(Passetto di Borgo)と呼ばれるその通路は、ボルジア家出身のアレッサンドロ6世がヴァチカン内のプライベート居室とサンタンジェロ城の行き来に利用したり、1527年のローマ略奪の際には時の教皇クレメンス7世がここを通って逃げ延びたのをはじめ、歴代の教皇が緊急時の避難路にしたり、プライベートなわけありの会合へ出向くときに使ったりと、長い歴史の中で活用されてきたもの。


f0058160_2024637.jpg晴れの間(8月15日まで)、サンタンジェロ城は恒例の夜間開館で賑わっています。厚い城壁内では毎夜、音譜音楽演劇などのイベントで盛り上がっています。思い思いにイベントを楽しんだり、フレスコ画で飾られた部屋を見学したり、夜景に輝くキラキラ永遠の都・ローマをロマンチックに見下ろしたり、ローマ郊外の特産物などを売る屋台を冷やかしたり。レストラン施設も併設されているのでテベレ川を渡る涼しい風に吹かれながらゆっくりと食事を楽しむこともできます。こうしたイベントのひとつとして「ヒミツ秘密の通路」の公開も!


サンタンジェロ城夜間開館
入場料 大人 10,00ユーロ 
(「ヒミツ秘密の通路」の入場料は別に2,00ユーロ追加)
開催期間 2006年8月15日まで
開館時間 20:45-00:45 (金・土 20:45-01:45)
入り口には列ができていることもありますので、混雑を避けるためには事前にオンライン予約も可能です。


[PR]
# by his-italy | 2006-08-04 20:03 | イタリアのアート&文化

シチリアのスイカゼリー

f0058160_148406.jpgイタリアでもは夏の風物詩。
ゴロゴロと大きなが二束三文で売られています音譜
イタリアではもメロンもとにかく安い!!ニコニコ
大きなが山積み。
手前の黄色いのがメロン。
ゴロゴロ ゴロゴロ


フィレンツェやローマなどでは街角や広場でやメロンの切り売り屋台が大人気チョキ。夕涼みがてら広場でを頬張るのが夏のイタリアの楽しみ方のひとつ。ナイフナイフとフォークを上手に使って切り分けて食べる人もいれば、豪快にかぶりついて種を飛ばしている人も。
f0058160_1492297.jpgパレルモなどシチリアではを使ったゼリーも人気。
Gelo di Mellone(ジェロ・ディ・メッローネ)と呼ばれるペンギンプリプリゼリーにシチリア・ブロンテ産のピスタチオとジャスミンの花を散らして、何とも南国ムードいっぱいのデザートラブラブ

食感プリプリで甘さ控えめ。朝ごはんにいただくのもデザートにいただくのもペンギン爽やかぁ。


のカキ氷(Granita グラニータ)も夏の涼を取るのに人気。天然素材を使ったシチリア風のグラニータを扱うお店で食べると格別!フィレンツェのおいしいグラニータやさんは次回紹介!ベル

にひひさすがに海辺で割りしている人は見たことないなぁ。あれは日本だけの風物詩でしょうか?

[PR]
# by his-italy | 2006-08-02 01:44 | 美味しいイタリア

スイカとラザニアと星空

8月10日はサン・ロレンツォの日。サン・ロレンツォはサンタ・アンナやサンタ・レパラータと並んでフィレンツェ市の副守護聖人の一人。フィレンツェ市はこの日も盛大にお祝いクラッカー(なんか聖人にちなんでブーケ1お祝いばかりしている気が・・・あせる
てんとうむし8月10日のプログラムは以下の通り

10:30 フィレンツェ共和国古式仮装行列の行進(シニョーリア広場からサン・ロレンツォ教会まで)
11:00 サン・ロレンツォ教会で祝福のミサ

18:00 サン・ロレンツォ教会でミサ

21:00 サン・ロレンツォ教会前広場でBanda Rossiniの音譜コンサート音譜
22:00 サン・ロレンツォ教会脇広場でスイカラザニア無料配布


この日、フィレンツェでは伝統的にラザニアが市民に無料で配布されます。ラザニアだけでなく、トマトソースのペンネなどが出される年もあり、暑い盛夏のお祭りなので最近ではスイカも無料配布!市民も観光客も列に並んだら誰でもスイカやラザニアが食べられます。足あと夕涼みがてらお腹を空かせてレッツ・ゴー!

ベルまた8月10日は終日(8:15-17:00)メディチ家礼拝堂が入場料無料で公開されます。10:00から16:00まではイタリア語もしくは英語での無料ガイド付きツアー(毎時スタート)もあるので、この機会にゆっくりガイド付きで見学するのもグー!

このサン・ロレンツォの日の頃は天文学的に流れ星流れ星がたくさん観察される時期なので、ドキドキロマンティックに過ごしたい方はフィレンツェの隣町フィエゾレに上ってあし星空流れ星を眺めてみるのもお薦めです。フィエゾレへはフィレンツェ中央駅やサン・マルコ広場からバス「7」番バスに乗って約25分でアクセスできます。終点がフィエゾレのドゥオーモ前広場です。フィエゾレの始発停留所からフィレンツェへ戻るバスバスは21:00以降30分毎の運行で平日の最終バスは25:00。帰りのバスの時間をチェックして夜の街星空を堪能しましょう。


[PR]
# by his-italy | 2006-07-29 01:43 | イタリアのアート&文化

街角でお土産

ワールドカップ優勝記念ベル金メダルキラキラ


毎週一枚ずつ発売されるイタリア代表選手たちのキラキラ金メダル。イタリアのスポーツ新聞最大手「GAZZETTA DELLO SPORT」の付録としてついてきます。(えっ新聞の料金よりメダルの価格の方が高い!)

先週の水曜日に発売になった第一回目の記念コインは「カンナヴァーロキラキラ」。これはどこもかしこも軒並み売り切れで購入できず涙をのみました。(ただし現在再販されているのでリクエストすれば購入可チョキ
GATTUSOメダル
第二段はガットゥーゾキラキラ。読みもしないピンクのスポーツ新聞を買ってガットゥーゾ・メダルをゲットしました。

全部の金メダルを収容できるキラキラメダル保管用のステキなケース(?)もついて2,99ユーロ。一応24金キラキラです(メッキだけど)。ガットゥーゾの顔は似てないし、不細工だけど、安いから仕方ないか・・・。

来週はトッティ王子王冠1らしいです。4,99ユーロ。
イタリアの雑誌や新聞のおまけもしくは街角の新聞販売スタンド・キオスクで買えるコレクションものは一回目が「発売記念価格」で安く設定されているのですが、その後コレクションを重ねていくにつれ徐々に値が上がっていきますガーン。今回も同じように回を重ねるごとにちょっとづつ値段が上がっていきます。
カンナヴァーロが売り切れだったのも0,99ユーロの特別価格だったからなのか?それともカンナヴァーロの人気だからなのか?
このキラキラ金メダルたち、いつかプレミアお金がつくかな?
街角で買えるこんな期間限定の品。サッカー好きな友人男の子やイケメン選手好きな彼女女の子へのイタリア旅行のお土産にも最適!音譜

[PR]
# by his-italy | 2006-07-28 01:12 | イタリアのショッピング
今年の夏のマストアップ

カリフォルニアのとあるビーチで生まれた「クラブダンス」。イタリア人の振付師(Marko Miglia:マルコ・ミリア)が砂浜のカニの動きにインスピレーションを受けて生まれた「カニ・ダンス」は今年の夏のイタリアで大ブームの予感ラブラブChicの「le Freak」のリズム音譜にのせて単純な動きを組み合わせたダンスは誰でも踊れるというのがウリ。

パレルモのカニ
カニ・ダンスはにわかにイタリアでもブームになりつつあり、夏の砂浜でみんな踊り狂っているらしい(未確認情報UFO)。カニ・グッズも徐々イタリアの友人へのお土産は「カニ」、イタリアからの日本へのおみやげも「カニ・グッズ」で!

カニダンス


[PR]
# by his-italy | 2006-07-27 13:00 | イタリアのニュース
夏の野外オペラの会場としても知られるローマのカラカラ浴場H.I.S.イタリア でもお取り扱いしている通常の演目 ではなくて、音譜特別イベント音譜が7月30日に予定されています。カント・リリコ とダンスの取り合わせで行われるイベントで全席誰でも5,00ユーロ!

イベントではプッチーニの「トゥーランドット」第3幕やマスカーニの「カヴァレリア・ルスティカーナ」&ダンスやプッチーニの「トスカ」劇中のアリア、ヴェルディの「アイーダ」の一部などが演じられるので、旅の途中でオペラをちょっとづつウサギかじりたい人にも向いています。

てんとうむし7月30日(日曜日)21:00開演

てんとうむし全席5,00ユーロ

チケット販売は

7月26日から7月29日まで10:00から16:00

Teatro dell'Opera di Roma(ローマ・オペラ劇場)のチケット売り場にて

Piazza Beniamino Gigli 7(ベニアミーノ・ジリ広場7番地)

詳細は
こちら





[PR]
# by his-italy | 2006-07-26 09:00 | イタリアのアート&文化
サッカー汚職の巻き添えでまだまだニューシーズンの身の振り方が決定しないフィオレンティーナ。それでも、控えるシーズン開幕に向けて調整中。8月12日まではフィレンツェ郊外ムジェッロのサン・ピエロ・ア・シエーヴェで夏のキャンプ中。主力選手の入れ替えなどで生まれ変わったフィオレンティーナの今シーズン初のホームグラウンドでの公開親善試合が7月29日(土曜日)に予定されています。

相手はSalonicco(サロニッコ)。・・・ってどこですか?
親善試合ではありますが、フィレンツェのスタジアム・フランキではこの日、昨シーズンも目いっぱい応援してくれたファンへの感謝の気持ちを表して入場無料

f0058160_21392157.jpg2006年7月29日18時キックオフ
この日にフィレンツェにいるサッカー好きな方は是非!
[PR]
# by his-italy | 2006-07-25 21:43 | イタリアのニュース
フィレンツェ郊外にある人気のアウトレット「プラダ・アウトレット」と「The Mall(グッチ)」の2006年夏季休業が発表になりました。

プラダ・アウトレット 8月13日(日)から8月15日(火)
The Mall(グッチ)  8月15日(火)

これに伴い8月14日(月)の下記ツアーは不催行となりますのでご了承下さい。
MBR24 「ザ・モール(グッチ)とプラダ・アウトレットツアー」
MBR3B 「ローマ発フィレンツェ+アウトレット日帰りツアー」

f0058160_353667.jpg

イメージ写真 The Mall
[PR]
# by his-italy | 2006-07-22 03:06 | イタリアのショッピング
いつでも長蛇の列ができて人気のウフィツィ美術館
H.I.S.イタリアで事前に予約いただくと、暑い中の長蛇の列を横目にスイスイ入場していただけます。
H.I.S.で事前予約をしていただいたお客様には「バウチャー(入場チケット引き換えクーポン)」を発行いたします。ご予約日の入場指定時間の15分前までにバウチャーを入場本券と引き換えていただき、その後予約者専用入り口からご入場となります。

f0058160_21151068.jpgコの字型になっているウフィツィ美術館。
コの字型の建物に囲まれた広場には2006年9月24日まではJimenez Derediaの丸いフォルムの彫刻が置かれています。


f0058160_2124441.jpgシニョーリア広場・ヴェッキオ宮殿の方からアクセスすると右手にある建物西翼の真ん中辺りに「3番窓口」があります。
ここにも若干の列ができていることもありますが、こちらの列はすぐに解消するのでご心配はいりません。入場指定時間の15分前までに必ずクーポン券を本券と引き換えて下さい。



f0058160_21212824.jpg本券を入手したら「3番窓口」の向かい側にある東翼のヴェッキオ宮殿寄りにある「1番窓口」へ。
この「1番窓口」が予約者専用入り口になります。ここからご入場下さい。

*「2番窓口」は長蛇の列ができる「予約なしの入り口」になりますので、お間違いなく。

[PR]
# by his-italy | 2006-07-20 21:27 | H.I.S.イタリアからのお知らせ