自由な旅行をサポートするHISイタリアが現地から楽しくて役立つ最新情報を提供 www.his-italy.com


by his-italy
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

タグ:シチリア ( 2 ) タグの人気記事

ここ数日涼しい日ペンギンが続いて過ごしやすいイタリア。しかし油断大敵。いつ晴れ猛暑が戻ってくるか分かりません。ぶり返してくる暑さのために「海水浴」の準備!! シリーズでイタリアの海を紹介!!(の予定)

今年の夏のイタリア人の「行きたい海」はトスカーナの海波、シチリアの海波、そしてサルデーニャの海波。イタリアの海は基本的にどこも透明度が高くてきれいなので、日本人からすると、どこ行ってもOKな気もするのですが。それぞれにこだわりやお気に入りの海波があるのです。

イタリア人のなかには海辺に「ヴァカンス用のセカンドハウスキラキラをもっている人も多く、そうでなくても友人や家族と海辺に夏の間だけアパートを借りて「海の生活」を楽しむ人がたくさん。

シチリア・パレルモの郊外「イゾラ・デッレ・フェンミネ(Isola delle Femmine)」に「バカンスの家」キラキラをもつ友人に誘われて出かけてきました。チョキ
パレルモの海
家のテラスからは道路を一本はさんだだけですぐに海!波の最高の環境。まさに音譜パラダイス音譜。イタリアは長く広がる白いビーチも多いのですが、磯もたくさん。彼女の家の前に広がるのも磯の海波。日本の磯場は強烈な海の香りが漂うところが多いですが、イタリアの海はほのかに潮の香りがする程度。この海は小さな湾になっているので穏やかで磯場でもたくさんの子供やお年よりも海水浴を楽しんでいます。

Isola delle Femmine
イゾラ・デッレ・フェンミネ周辺は「生きた磯(Scoglio Vivo)」と呼ばれるほど、海洋動植物が活発に繁殖生活をしているところでもあり、磯には細かいヤドカリがいっぱい。広い岩の上にできる浅瀬に座って遠くの海波を眺めていると、足の裏やお尻の下でもぞもぞと動くヤドカリ。時にはちくりと小さなはさみで挟まれたり。自然と共棲している感じを満喫できますラブラブ


水中メガネがなくても肉眼で海面から水中の様子がわかるほどの透明度キラキラキラキラの高さ。カラフルな小魚クマノミもゆらゆらする海草もプカプカ浮かぶクラゲも仲間!。イタリアの磯の海で遊ぶときには海用サンダル必須。サンダルを履いたまま海波へ突入してすいすい泳いでしまうのがベター。

イタリアの海水はかなり水温が低いのでペンギン長時間水中にいると体が冷えてしまいます。イタリア人は晴れ肌を焼くことに熱心なので、ほとんど浜辺で甲羅干しカメ。イタリア人と一緒に肌を焼くのもよし。磯辺の大きな岩の上にできた浅瀬であし足だけ水に浸してみるのもお薦め。

パレルモの磯
水の透明度キラキラキラキラが高いのは浅瀬でもよくわかります。ウニとヤドカリと小魚、フジツボのような貝を発見得意げ。でもイソギンチャクもサザエもいませんでした。残念しょぼん

[PR]
by his-italy | 2006-08-10 01:43 | イタリアのアート&文化

シチリアのスイカゼリー

f0058160_148406.jpgイタリアでもは夏の風物詩。
ゴロゴロと大きなが二束三文で売られています音譜
イタリアではもメロンもとにかく安い!!ニコニコ
大きなが山積み。
手前の黄色いのがメロン。
ゴロゴロ ゴロゴロ


フィレンツェやローマなどでは街角や広場でやメロンの切り売り屋台が大人気チョキ。夕涼みがてら広場でを頬張るのが夏のイタリアの楽しみ方のひとつ。ナイフナイフとフォークを上手に使って切り分けて食べる人もいれば、豪快にかぶりついて種を飛ばしている人も。
f0058160_1492297.jpgパレルモなどシチリアではを使ったゼリーも人気。
Gelo di Mellone(ジェロ・ディ・メッローネ)と呼ばれるペンギンプリプリゼリーにシチリア・ブロンテ産のピスタチオとジャスミンの花を散らして、何とも南国ムードいっぱいのデザートラブラブ

食感プリプリで甘さ控えめ。朝ごはんにいただくのもデザートにいただくのもペンギン爽やかぁ。


のカキ氷(Granita グラニータ)も夏の涼を取るのに人気。天然素材を使ったシチリア風のグラニータを扱うお店で食べると格別!フィレンツェのおいしいグラニータやさんは次回紹介!ベル

にひひさすがに海辺で割りしている人は見たことないなぁ。あれは日本だけの風物詩でしょうか?

[PR]
by his-italy | 2006-08-02 01:44 | 美味しいイタリア